雪舟堂繁盛記。(しおるの小部屋も営業中)

エミルクロニクルオンライン(ルピナスサーバー)の日記というか何と言うか。 ぐだぐだのだらだら進行でお送りするプレイ日記であります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS皆撮ってる?

若 「SSくぁ!?」
番 「?、いきなり何を?」
若 「このブログにはSSがないのだ!!」
番 「確かに。SSがあるとないとでは印象はだいぶ変わりますね。」
若 「うむ。そういう訳だから撮ってきやがりなさい。」
番 「・・・」
若 「ノーザンDとか、無限回廊20Fとか、そういうのがいいかな?」
番 「・・・エート」
若 「まぁ、そんなの無茶なの判ってるから、氷結D3で勘弁してやろう」
番 「・・・・・・」
若 「???」

番 「そういうのは自分で撮って来なさいッ!!」

若 「無理。」
番 「即答しましたね?」
若 「そんな危険な所、一人で行ける訳ないじゃないか。」

番 「ならそんな所薦めないで下さいッ!!」

若 「危険なとこじゃないと面白くないだろ?」
番 「普段店の整理で忙しいから、そんなとこには行きませんよ。それに、若は前回のイベントとかのSS撮ってるでしょう?」
若 「ふぉふぉふぉ」
番 「ならそれを貼ればいいじゃないですか?」
若 「撮ってナーイ
番 「せっかく相互リンク張ってもらったし、宣伝も出来ますよ?」
若 「撮り忘れてましたー
番 「そうそう、忘れてましたーって貼れば・・・」
若 「・・・」
番 「・・・」
若 「・・・」

番 「どうしてそういうこと忘れるんですかっ!!」

若 「キーボードの配列が悪いンだぁァァァ!!」
番 「マクロ登録すればいいでしょう!!」
若 「そんなめんどくさいこと出来るかぁァァァああああ!!」

番 「この馬鹿者がぁぁぁ!!」

若 「キャー」
番 「少しは他の人を見習って貼りましょうよ?」
若 「特攻野郎と誤爆名誉会長と友達沢山作って世界征服をもくr」
番 「ヴァー!!!!!!!」
若 「ギャース

ゼェゼェゼェ

番 「若が大変失礼をば。きっちり〆といたので、どうぞご容赦を。」

─ to be continue. ─

うん、SSってつい撮り忘れちゃいます。
今のハロウィンイベントのために、何枚か撮りたい所何だよねぇ。
うし、何とかがんばってみます。
ゲーム中で出会えたら、SSまだー?とか言ってもらえると
大変がっかり来ます。どうかご容赦をw

ではでは、今日はこの辺で
スポンサーサイト

ゆぅざぁいべんと見学にいってきましたっ。

若 「行って来たぞなもし」
番 「楽しかったですか?」
若 「おう、楽しかったぞ、しかし、いろいろと見直す点もあったように思うな」
番 「そうなんですか。」
若 「今回は、ツアーや666とかのPTや狩イベントでなく、純粋な会話のみで進行するイベントでクイズ形式だったからな。」
番 「ECOでは結構珍しいですねぇ」
若 「そうだな、告知などは一部の掲示板とHPでやってたようだけど、企画と進行は一人で大変だったと思う。」
番 「サポートメンバーがいると良かったですか。」
若 「だな、イベント参加者はソロにして、テントを使うとかな」
番 「若は傍観者だからそうやって勝手な事を言えるんですよ」
若 「純粋な消費者の意見として聞いてください。」
番 「何も買ってないし消費もしてません!!」
若 「確かにな。後、クイズ形式ではあったが、脱落者のフォローとかクイズの問題の偏りとか、普通に問題はあったように見えたな。」
番 「最初のイベントだから、慣れてないうちは仕方ないですよ」
若 「慣れてくれば改良点もいろいろ出てくるだろうから、そこら辺は来月に期待だな。」
番 「見に行ってない人にはさっぱりですよ?」
若 「そういうこともあろうかと、こんなものを用意してみた。」
番 「なんですか?」
若 「http://fromage14.exblog.jp/」
番 「アドレスですね、これが今回のイベント企画された方のHPですか?」
若 「そうだよ。」
番 「・・・」
若 「ん?」
番 「若、一つ聞いてもいいですか?」
若 「何が聞きたいかはよくわからんが、答えられる範囲でなら答えてやろう」
番 「当然、許可は取ってあるんですよね?」
若 「今から許可もらいに行こうかとな?」

番 「張ってからじゃ遅いんですよッ!!!」

若 「うぉ!?」
番 「後先考えずに行動しないで下さい!!」
若 「いやいや、ちゃんと考えてるって、倉庫だってあんまり貯めないようにしてるし」
番 「・・・倉庫?」
若 「?」
番 「そう言えば、また増やしましたね?3本ほど。」
若 「・・・?」
番 「オレンジ色の小瓶ですよ」
若 「あぁ、あれはベルさんに貰ったんだよ」

番 「人の所為にしてるんじゃありませんっ!!」
若 「だって事実だからしょうがないじゃないくぁ!!あの誤爆神の巫k」
番 「そんな事無いでしょうが!!ヴァー!!!!」
若 「ギャース!!

─ to be continue. ─


昨日は錯乱したまま書きなぐったね。
や、失礼しました。
また普段の日記に戻りますので、今後ともよろしくお願いしまっす。

ふろま~じゅさん、リンク張らせて頂きましたよ、イベントお疲れ様です。
来月も楽しみにしてますよ~。


ではでは、今日はこの辺で。

私信。

2005/10/29 18:23。

自分の古い友が眠りにつきました。

一時は敵であり、友であり、師でもあった彼は、何も語らず眠りました。

自分は間に合わなかったです。
思い出すのは、MMOで、いつか一緒に遊べるといいなと二人で語ったことです。
キャラはこれこれ、システムがどうこう、当事自分がやっていたゲームを聞かせていました。
先月も、友にECOの話をしましたよ、えぇ
友は、キャラいっぱい作れても、自分は一人で精一杯だなぁ。と
自分は代わりに必要なことをサポートしてやろう、自分も1キャラでやるよ、
必要なら自分と判る名をセカンドにも継がせるから、と。

自分の語るECOのかなり偏った話を彼は良く聞いてくれました。
ホントに、くだらない話でも良く聞いてくれました。
約束はしなかったけど、どんな手を使ってもやっておけば良かったなぁ、と。
けれど、後悔はしてません。

何を書いてるかもう、自分でも良くわかりません。
誰に宛てて書いてるかも良くわかりません。
ただ、残しておきたいからだけかもしれません。

今は眠る友にここで書き残しておきます。

自分はECOを楽しんでいます、いろいろあるけど、楽しんでるよ。

そして、誰が見ているかわかりませんが、
眠った友のために少しだけ祈ってやってください。





俺は忘れるかもしれない、けど、今はこれが現実。
ECOの友よ、いつか別れるかもしれない。
その時は、笑って分かれたい。いつか記憶から消えても。


遠方より友帰る&はろうぃ~ん

若 「なにやらでかいパッチが当っておるなぁ」
番 「若、はろうぃんというお祭り用のパッチだそうですよ?」
若 「ほほぅ、・・・ハロウィンか。装備をしっかりせねばな」
番 「?、何故お祭で装備の強化などを?」
若 「知らないのか?」
番 「子供がお化けの仮装をして各民家を回り、菓子をくれねば脅かしますよ?という挨拶とともにお菓子を強請って歩くと言うのは知っております」
若 「甘い、甘いぞ番頭。そんなことでは貴様なんかシャワールームでばっさりだ!!」
番 「え~と、何がどうばっさりなのでしょうか?」
若 「ハロウィンといえばアレだ!!伝説の化け物ブギーマン!!」
番 「・・・エー」
若 「何がエーだ、今でこそジェイソンに遥かに劣るものの、奴は奴でなかなかのツワモノなのだぞ?」
番 「そんな恐ろしいモンスが実装されるなんて公式にはでてませんよ?」
若 「奴は誰にもばれぬ様に現れ、毎年死者の山を築くから怖いんだ!!」
番 「大丈夫ですよ、若は女性じゃないから狙われません」
若 「・・・」
番 「・・・」
若 「軽く流しやがったな。つまらんぞ?」
番 「先ほど公式の方を見に行ってまいりましたから、それにその映画なら自分も嫌と言う程見せられましたからねぇ」
若 「・・・シアターで流してくれないだろうか?」
番 「無茶言わないで下さいよぅ」

─以下公式より抜粋─
ハロウィンの時期になると、アクロニア大陸東のウテナ湖から沢山のかぼちゃが大陸各地に流れて行きます。
かぼちゃはたどり着いた地で人々が眠っている間に様々ないたずらをすると言われています。
いろんなものの形をかぼちゃに変えてしまったり、あちこちに居座ったり。あるいは、オレンジとブラックのハロウィンカラーに変えてしまったりします。さてさて、そんな「不思議なかぼちゃ」達は今年はどのようないたずらをしたのでしょうか。

◆内 容
アクロポリスシティーの街並みがハロウィン一色の装飾となり、イベント期間限定の「かぼちゃマスク」や「魔法のほうき」をクエストクリアするともらえます。
また、街の住人からお菓子をもらうことができます。ハロウィン限定のスタンプラリーも開催されます。

◆イベント期間
2005年10月28日(金)メンテナンス終了後~2005年11月4日(金)10:00予定


番 「でしょう」
若 「なんか普通の情報ブログのようだが?、いいのか、それで?」
番 「たまには良いでしょう、こういうのもね」
若 「俺はツマランガ?」
番 「・・・」
若 「ツマラナイゾ?」
番 「あー、そうそう先ほど懐かしいお方が・・・」 【“遠方より友帰る&はろうぃ~ん”の続きを読む】

歌と爆弾発言と若旦那。

─ 前回までのあらすじ ─

いろいろあって、番頭危機一髪な感じ。

番 「・・・」
若 「ま、こんなもんだろ」
番 「危機でもなんでもないんですが?」
若 「キニシルナー」
番 「・・・・・・」


─ 本編 ─
歌いながら通りを歩いてくる若旦那

若 「ハートランドをやっつけろぉ♪ゼ ロ テ ス タ ー♪」
番 「又妙な替え歌を。」
若 「なんとなく語呂が良かったのでな、つい歌ってみた。」
番 「そうでしたか、で、そのハートランドというのは、ビールの銘柄ですか?」
若 「確かにビールの銘柄にもあるなぁ。緑のビンに入ってて、これがまたソーセージと合うんだよね」
番 「それで、どうしてビールの名前を?」
若 「ん?今歌ってたのは、知り合いのウァテスさんの名前だぞ?ほら、歌にすると敵っぽくてなんかかっこいいだろ?」
番 「・・・」
若 「?」
番 「あー」
若 「あー?」

番 「どうして貴方はそういう馬鹿な事しかしないんですかっ!!」

若 「おおぅ、文字がでかいぞ?新技か?」
番 「えぇ、ついさっきやり方がわかりましたので強調してみました」
若 「やるなぁ、そかそか、精進してるのだな。」
番 「日々是精進ですよ、若旦那も少しは精進してくださいよ」
若 「あぁ、わかった。これからがんばるよ。」
番 「ほんとですね?」
若 「うむ、そいじゃあ、自分はちょっと用事が出来たので」

スタスタスタスタ

番 「ちょっと待てー!!」
若 「おぉぅ!?」
番 「危うく逃げられるとこだった。」
若 「チッ」
番 「舌打ちとかしてる場合じゃないでしょうが!!敵とかかっこいいとかで名前を出される人は凄い迷惑ですよッ!!」
若 「一応OKは貰ったぞ?」
番 「こんな名前の出されかたして、喜ぶ人はいませんっ!!」
若 「ほぅ、自分は結構楽しいかも。」
番 「あぁぁぁぁぁぁ、もーうー」
若 「それに誤爆名誉会長職のまh  」
番 「ヴァー!!!!!!!」
若 「ギャース!!!!!」

─ to be continue. ─



はい、楽屋です。
ハートさん、一応ネタ出演OKっと言うことでw
次回はちゃんとウァテスの重要性とハートさんのかっこよさを!!

ではでは、今日はこの辺で

リアルですな




医者に、モニターとか見ないようにってさ。(右目限定)

よって、眼帯生活復帰だねぇ

ストレス溜まりまくりですよw

さて自分の見解は明日以降にねー
ほんましんどいので、今日はこの辺で。

番頭さんの独り言。

10/25 快晴。
今日もギルド商人の元に出向いて倉庫を開く。
一度に20Gを取られるのは保管料として思えば安い方なのでしょうか?

・・・あぁ
また、増えてる。

先日の倉庫整理で取捨選択を苦労した挙句、
何とか倉庫の容量を20種類位ほどの空きを増やしたにもかかわらず。

また、増えてやがりますよ。
・・・きっちり300まで

あの人の収集癖には呆れ返る事も多いですが、流石に今回は・・・
ほんとに、何かの嫌がらせでしょうかねぇ?
空き瓶なんて300もあって、何に使うかわからないものなのに、
─捨てれば呪う!!、貴様は未来永劫石ころしか出ない様に呪う!!─
とか言われる始末。
石ころしか出なくなったら、若の小遣い無しという事に気が付かないのでしょうか?全く、あの人は・・・
まぁ、流石にゼリコポーション400個は捨てさせていただきましたが。

さて、今回は何を拾ってきてるんだか・・・
・・・ん?

リボンやらバンダナやらの色違い装備ですか。
若、六姫のお使いは楽しいのでしょうか?
お、キャビアが増えてる。
私に内緒でノーザンD入口そばのよろず屋に行くつもりですね。
売上はちゃんと徴収させていただきますよ。
その他には、異界の服とか、まぁ、微妙品が増えてますねぇ。
無限回廊の5Fばかりですか、若、なんか情けないですよ?
露店に出すにも、値がつけづらい物ばかり、売る人のことも考えて欲しいものですねぇ。

他には増えてるものは、っと・・・
・・・
・・・・・・
野郎、スキャルプエッセンスをこっそり増やしてやがる。
今度戻ってきた時にきっちり言い聞かせておかねば。
私が禿げてないって事をきっちりと!!
えぇ、泣いても許しませんよ。
ふ・・・ふふ・・・ふふふふふふ


お、この能天気な歌声は、帰って来ましたね。
・・・何故、昔のアニメ、ゼロテスターの歌なのでしょうか?
いやいや、今回ばかりはきっちり言っとかないと。
えぇ、いずれ店の大旦那としての心構えを今のうちに教育しておかねば。

何か胃の辺りがきりきりするのは気のせいでしょうか?

ここらで一つ、軽く纏めとこうかね

番 「若、ちょっとこんな質問が来てますよ?」
若 「ほう、ちょいと見せてみなさいな?」
─パサリ─
あの。。。あの。。。。いったいどの名前で呼べば??

番 「若が複数の名前使ってるから、混乱してる人がいますねぇ?」
若 「まひろ(仮名)さんですなぁ。」
番 「・・・」
若 「?」
番 「・・・・・・」
若 「???」
番 「あ゛ーーーー!!、もう!!、この大馬鹿者がぁぁぁ!!!」
若 「な、なんだなんだ?何をそんなにいきり立ってるんだ?」
番 「名前出しちゃったらダメでしょうがぁぁぁぁぁ!!」
若 「いや、ちゃんと(仮名)って付いてるから?な?}
番 「ここ見てる人は一発でバレバレな事しないで下さいって事ですよ!!」
若 「むぅ」
番 「大体前回も結構無茶な発言してたでしょうがぁ!!」
若 「・・・禿のことか?」
番 「禿げてねぇって言ってるだろうがぁぁぁ!!!ヴァー!!!」
若 「ギャース!!!!!」

─閑話休題─

と、言うわけで
確かに名前の使い分けをしてますねぇ。
キャラ設定としては、以下のとおりです。

せっすー=若旦那=雪舟。
放浪&収集癖あり、意外と無駄な知識の宝庫。その知識は主に番頭をからかうために使われることが多い。
ECO内では、知識満載のキャンプレンジャーで、雪舟として放浪中。

番頭=雪舟堂。
堅実に小銭稼ぎをするのがうまい。各地をさまよい無駄に倉庫の中身を増やす若旦那に振り回され気味。露店価格調査と露店売りは番頭さんの仕事。
ECO内では、鉱石一辺倒のさくさくタタラベ。
何故タタラベなのかは、楽屋第一回目を参照

たしかにねぇ。
以後は統一しときましょうかね。
他の所に書き込むときは雪舟でいきませう。
と、言うわけで今後ともよろしくお願いしまっす。
であであ、今日はこの辺で。

まだまだ楽屋 (リンク追加です)

番 「なにやら増えてますねぇ。」
若 「お、気がつきやがったか。リンクと言うものを増やしてみたのだよ」
番 「店に関係のあるECOの公式等はともかく、まひろのエミル日記とメモメモというのは?」
若 「同じECOのブログで、お知り合いだから問答無用で張ってみた。」
番 「・・・エー」
若 「何がエーだ、お前はそれだから営業に向いてないとか言われるんだよ。もっと押しを強くしないとな、鉱石ばっか叩いてるんじゃないぞ?」
番 「いやいやいや、営業も鉱石も関係ないじゃないっスか!!、今言ってるのは、問答無用で張ったことについてですよ!!」
若 「後で伝えとくから大丈夫だよ。そんな心配ばっかしてると禿げるぞ?」
番 「誰が禿げですかっ!!」
若 「まぁ待て。今話をうまく挿げ替えるから、それに乗って来い」
番 「・・・自分で言っちゃしょうがないでしょうに。」
若 「キニシルナー」
番 「気にするなって、まぁ、もういいですけど。で、挿げ替える予定の話ってのはなんです?」
若 「うむ、ネタがあるようでないのだよ。さぁ出せ!!」
番 「そういうのは自分で見つけてくるものでしょうが!!、大体、自分は店に篭ってるから、外には出てませんよ?」
若 「むぅ」
番 「そんなにネタが欲しいのでしたら、お知り合いから聞けば良いじゃないですか」
若 「誤爆名誉会長と特攻野郎にか?結構日常化してるからいまいち新鮮さが」
番 「またそんな軽く不穏当なことを・・・」
若 「だから気にしすぎだって、禿げるぞ?」
ープチー
番 「だから禿げてないって言ってるじゃないですかぁ!!」
若 「うぉ!?図星を指されて逆切れか?バンダナの下は電球くぁ!?」
ーブツンー
番 「禿げてねぇって言ってるだろうがぁ!!ヴァー!!!!!!!」
若 「ギャース!!!!!!!!」



ハイ、そんなわけでまだ楽屋です。
そろそろSS込みで始めなきゃねぇ。

後、リンクを張らせて頂いたお二方には感謝を。
ではでは、今日はこの辺で。

まだまだ楽屋

若旦那(以後若)「なぁなぁ、番頭さんや?」
番頭 (以後番)「なんスか?」
若 「ブログというのを始めて見たんだけどな、何かネタないか?」
番 「ネタと言っても、普通はゲームプレイ中に起こった面白いことを書くのが普通だと思いますが?何故私に聞くんですか?」
若 「ゲーム中はフラフラしてるからのぅ。SSなんてぜんぜん撮ってないし」
番 「それはあきまへんなぁ。若はこういうのダメな人じゃなかったでした?、今回も三日坊主とか?」
若 「むぅ、三日も坊主がやれるだけえらいと思うが?一族から坊主を一人出すだけで七代救われるとか言うぞ?」
番 「いやいやいやいや、そうじゃなくてですね。」
若 「大体、おまえさんは屋号持ちで番頭なのに、何故マーチャントではないのかとちょっと聞きたいのだがな?」
ープチー
番 「それは若が悪いんじゃないんですかぁ!!」
若 「うぉ!?」
番 「若がすぐ武器壊すから、タタラベは将来武器修理できるようになるみたいっスよ。とか言ったら、無理やりタタラベギルドに連れて行かれて!!」
若 「む?そうだったか?」
ーブツンー
番 「ヴァー!!!!!!!」
若 「ギャース!!!!!!!」

そんなわけで、まだプレイ日記じゃないですなぁ。
SS撮るようにがんばらねばの。

であであ
ノシ

やぁやぁ、始めてみましたよ?

まず始めにやっとくこと・・・っと。

あぁ、これこれ
(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc.,/HEADLOCK Inc.,
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

まぁ、お約束ってやつですな。
SSとかも一応含まれたりするのだのぅ。

であであ、今日はこの辺で
ノシ











・・・
・・・・・・

いやぁ、すまんの
実はついさっきブログとやらを始めたもので
SSのUPLOADだとか文字の大きさとかさっぱりなのですよ。
その辺はまぁ、ぼちぼち覚えてくので、勘弁なも。

そいではほんとに
ノシ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。